闇金第三者取り立て

闇金が第三者へとりたてする場合ってある?

 

ヤミ金に手を出した場合、返済に遅れたらこわいとりたてがあるのではと心配になります。しかしながらテレビドラマで見るようなこわいとりたては法律的に厳しく取り締まられており、実際に合うことはまずありません。

 

もしもそういったケースがあった場合、自分で対処しようとしたり闇雲に怖がることなく、警察や弁護士などに相談して法律的に取り締まってもらうようにしましょう。

 

夜中に電話やFAXを送ったり、勤務先などに押しかけたり、周囲に借金やプライベートについて知らしめる張り紙や立て看板を立てたり。これらはドラマでよく見かける光景です。しかしながら、賃金業法第21条に取立行為の規制という項目があり、私生活や仕事の妨げになるようなとりたては禁じられているのです。

 

ドラマのような行為をされていてはとても順調に私生活や仕事を行なえるはずはありません。そのため違法行為となり、罰則の対象となるのです。

 

ヤミ金返済が遅れると家族や親戚など周りの人に迷惑をかけるのではという心配もあります。

 

しかしながら、返済の義務を負うのは債務者のみなのです。ただ、債務者の家族が自主的に肩代わりすれば借金していた額を返済することができる可能性もあります。

 

とにかく誰でもよいから借金額を返済してほしいと、近しい間柄の人に代わりに返済してもらえるよう業者は要求してくる場合もあるのですが、これも違法行為となるのです。保証人以外の第三者への請求は禁じられているのです。これも警察に相談すれば罰金対象として処理することができます。

 

とりたて行為についてはこのように法律的に厳しく規制されてはいますが、もちろん今でも法律の範囲内でとりたての電話はかかってきます。まずは携帯電話に、携帯に出ないのであれば自宅へ督促の手紙・電話・訪問というようにステップアップしていきます。きちんと電話に出ていつまでに返すかきちんと話すことができれば怖いことはありません。
もちろん、取立てを受けたくないのであれば期日までにきちんと返済するようにしましょう。

 

きちんとした業者であれば法律の範囲で紳士的な対応でとりたて業務も行なわれますが、万が一違法なとりたてを受けた場合のためにその日時や具体的な内容をきちんと記録しておき、張り紙なども取っておき、警察に提出できるように証拠集めをしておきましょう。

 

内緒で借りた場合も、返せず家に電話がかかるまでになったら家族にばれるし迷惑がかかります。そうなる前にきちんと返金するようにしましょう。

 

ヤミ金の業者の名前がわからなくても弁護士に相談できる?

 

ヤミ金のことで困ってる、弁護士に相談がしたいと考えていたのに相手の業者名や住所や電話番号が分からないから相談ができないのではないかと困っている方は意外と多いと思います。

 

業者の名前や住所や電話番号が分からなかったとしても弁護士に相談することはできますので安心してください。

 

 

何故、業者の名前や住所や電話番号が分からなくても弁護士に相談できるかと言いますと、ヤミ金の業者は電話番号や屋号などは常に変更しているのです。

 

常に変更し続けていることは弁護士の方も把握しており、相談することはできます。

 

もちろん電話番号や担当者名など情報が多いほど問題を解決できる可能性が高まり、最も電話番号が重要な情報と言われています。

 

業者の名前はほとんど名乗らないことが多いので、あまり気にしなくてもいいかもしれませんが、できるだけ電話番号は覚えておくようにした方が良いでしょう。

 

 

 

電話番号が何故一番重要になるかと言いますと、ヤミ金の業者を特定しやすいからです。

 

先ほどもあったように常に名前などは変更し続けていますので、特定が難しく、問題が解決が難しくなります。

 

また業者の名前を知ることによって、ヤミ金を専門的に受け付けている弁護士ではどのような被害を受けているのかも分かるケースが多く、ちょっとしたこでも相談にのってくれます。

 

 

 

住所や名前や電話番号と同じように大事になってくるのが取引内容になります。

 

業者の多くは細かい取引内容やデータの詳細を残しており、こちらがうろ覚えだったり、適当な記憶で弁護士に相談して交渉すれば間違いを指摘されたり、それに怒って取り立てを強めたりと過剰に反応するケースもありますので、どのような取引をしたのかを明確にして、間違いがないようにした方が良いでしょう。

 

取引内容の詳細があって弁護士に相談すれば、弁護士側もやりやすく、振込明細など細かいデータがあれば銀行口座の凍結など法的な手段を使うことも可能となってきます。

 

このように相手の名前や住所や電話番号といったデータがなくても相談することは可能になりますが、できるだけ情報があればあるほど交渉がしやすく、スムーズに問題を解決しやすくなります。

 

相手が分からない状況から始まるとヤミ金の業者の特定から始めなければならないので時間や労力がとても掛かってしまいます。

 

できるだけ有利にスムーズに問題を解決するためには情報を把握して弁護士に相談して伝えるのが良いのでしょう。