即日闇金からの嫌がらせを止めてくれる弁護士って有りますか?

即日闇金からの嫌がらせを止めてくれる弁護士って有りますか?

 

ヤミ金の特徴は過剰な取り立て、利息制限法などの法律を無視した貸し付けを行うなどになりますが、ヤミ金の中には情報を共有化しており、頼んでもいないのにも関わらず、貸付を強要するなどの特徴を持つ悪徳金融も在ります。

 

取り立てにおいては、貸金業者の場合で在れば、取り立てそのものが禁止になっているわけではなく法律の中で取り立てについての制限が設けられており、午後9時から午前8時までの間は、正当な理由無く電話で連絡などを禁止すると言った貸金業規制法違反が定められているため、この法律を守る貸金業者からの取り立ては在りません。

 

しかし、ヤミ金業者と言うのは、全ての法律に対して違法な行為を行うのが特徴で在り、真夜中でも電話などので取り立てを行うなどの特徴が在ります。

 

しかしながら、違法なヤミ金業者でも法律を適用して抑え込むことで取り立てを停止させることは可能になっていますし、借金問題の解決も可能になります。

 

弁護士の中には一般的な貸し企業者に対する借金問題を解決する人もいれば、闇金などの借金問題を得意としている弁護士も存在しており、1日で闇金からの取り立てをストップしてくれる弁護士も存在しています。

 

闇金からの脅迫というものは、法律上違反に相当するものであり、法律を間もならない闇金でも、弁護士が交渉を行う事で解決の糸口を見出してくれます。

 

但し、法律を熟知している弁護士であれば誰でも良いわけではなく、闇金問題を抱えている人々の解決に数多くの事例を持つ弁護士に依頼する事が重要です。

 

一般的な消費者金融などの貸金業者であれば、弁護士の介入通知を送付することで、債務者との直接の連絡などを行う事が出来なくなることを法律の中で定められている事を知っているため、直接電話や面会を行って催促を行う事は在りませんが、闇金と言うのは法律を度返ししているため、受任通知を行っただけでは対応を無視する可能性も在ります。

 

その点、闇金問題に熟知している弁護士などの場合は断固とした姿勢で対応してくれるため、取り立てなどを停止させることが出来るなどのメリットも在ります。

 

弁護士に依頼するまでは四六時中電話などによる催促が行われたり、無言電話や会社などに職場に訪れての嫌がらせ、債務者本人だけではなく、家族までも嫌がらせをするなど、違法な行為を働いていたものを、ヤミ金に特化する弁護士に依頼をすることで、過去の経験を活かし債務者を守ってくれるなどのメリットも在ります。